« 青木たけしさん | トップページ | 第3回石原町文化祭 »

2007年2月23日 (金)

赤ちゃんポスト続報

以前もブログで紹介した赤ちゃんポストの設置について、厚生労働省が容認の意向を示しましたが、文書での正式回答を前に、慎重論が出ているようです。(関連記事一覧

厚労省はポストに赤ちゃんを遺棄する行為自体は認めがたいとしたものの、適切な看護が行われれば「違法性があるとは言い切れない」「医療法上の観点から認めない合理的な理由はない」と述べたそうです。

しかし、その後柳沢大臣が「他のケースについては慎重に見ていく」と述べ、さらに高市少子化担当大臣が「無責任に努力をせずに子供を捨ててしまうことが、促進される結果になってしまっては元も子もない。少し議論を深める必要もあるんじゃないかなと感じる」として慎重姿勢を示したということです。

これらは必ず出てくる論点ではありますが、設置を提案する背景には実際に捨てられて命を落とす赤ちゃんがいるという現実があります。ポストに子どもを託す親は、ポストがなければ捨てないのでしょうか?

やむにやまれぬ気持ちでポストに子どもを託し、気持ちが落ち着いたあとまた引き取りにくることも、子どもが生きていてこそ可能なことです。ポストがなくて子どもを置き去りにし、後悔して戻っても子どもが死んでしまっていたら、やりなおすことさえできないのです。

また、ポストがあることで、本当に追い詰められたら最後の望みがあると思えることで、逆にぎりぎりまでがんばろうという気持ちになれるということもあると思います。

仮に今回設置が見送られて、遺棄されて死んでしまう赤ちゃんが出た場合、それは仕方ない、ということになるのでしょうか?

女性は産む機械でも、育てる機械でもありません。人間です。人間だから、精神的に追い詰められるときもあります。そのときに子どもが犠牲にならないための施策の実現を切に願います。

|

« 青木たけしさん | トップページ | 第3回石原町文化祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃんポスト続報:

« 青木たけしさん | トップページ | 第3回石原町文化祭 »