« 師走です。 | トップページ | 第10回サラダパーティ »

2006年12月 3日 (日)

河村たかし講演会

愛知一区選出の衆議院議員河村たかしさんが太田にやってきました。柿沼正明さんの後援会集会のゲストとして、記念講演を行うためです。テレビでもおなじみの河村さん、その素顔はどんな感じなのかと楽しみにしていました。

到着するなり、「バス旅行せにゃいかんがや!」と河村さん。

河村さんの後援会では、年に2~3回バス旅行をしていて、1回に60台ほどもバスを出しているのだそうです。バス旅行というと、お金がかかりそうなイメージがありますが、参加者に費用を負担してもらうため、実は一番お金がかからないでできる後援会活動なんだそうです。

確かに、日帰りでもみんなでゆっくり旅行に行くとなれば、絆も深まりそうですね!わたしも吾妻渓谷日帰りバス旅行なんて計画してみようかな・・・と考えてみました。今後の課題ですね。

河村さんの主張は単純明快、政治というのはすぐれた人、技術者がやるものではなくて、みんなと同じ人間が役割を引き受けてやるものだから、ただ話しするだけで人が集まるものじゃない、何か楽しいことをやらなければ来てもらえない、そのぐらいのサービス精神がなくてどうする!ということだそうです。

政策についても「減税を訴えんでどうする!わしが総理大臣になったらまずとりあえず消費税5%から4%に引き下げるでよ。」

「議員を職業にしたらいかん、ボランティアでやらんからどうしようもない議員ばかりふえる」「政党助成金を廃止してその分を減税して国民に返す。そのかわり帰ってきた分を応援したい議員に寄付してくれりゃあいいんだで。そうすりゃ、いい議員のところにはどんどんお金が増えて、だめな議員はちっともお金が入ってこんくなる。」

とバッサリ。そして

「こういうこと言うから嫌われるんよ。」

講演会後の懇親会でも、終始こんな調子で、とても楽しい方でした。庶民の普通の感覚が通用しない政治の世界は確かにおかしいことばかり。それを面白く伝えてくださる河村さんの話術は見習わなければ、と思いました。

|

« 師走です。 | トップページ | 第10回サラダパーティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河村たかし講演会:

« 師走です。 | トップページ | 第10回サラダパーティ »