« 肩の痛みは回復傾向です。 | トップページ | ひもを結ばないのは靴ではありません。 »

2006年9月 7日 (木)

太田病院の小児科存続を求める会・その後

20060907_0949_1 

今日は朝9時から市役所で行われた市長との縁台トークに「総合太田病院の小児科存続を求める会」のメンバーが参加。ここ数日の県の補正予算関連の報道や、市の取り組み状況についてお話を聞きました。

県は補正予算案で太田病院に825万円ほどの補助を出すことを示し、市からも病院へはお金の面での協力が必要であれば言ってほしいということを伝えているということで、いろいろ努力していただいているようです。

けれど、その後伺った太田病院の関係者の方のお話では、予算的な問題はもちろんあるけれど、お金のことだけで医師を確保できるかというとそうでもない、とのこと。医師の確保はどこでも難しい状況だし、太田病院でも来年度以降医師を確保できるかどうか、決まったわけではない。まったく安心できる状態ではない、とのことでした。

会の話し合いでは、今後も市民のみなさんに現状を知ってもらい、関心を持ち続けていただくために、シンポジウムを企画するなど、今後とも活動を続けていくことになりました。

|

« 肩の痛みは回復傾向です。 | トップページ | ひもを結ばないのは靴ではありません。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太田病院の小児科存続を求める会・その後:

« 肩の痛みは回復傾向です。 | トップページ | ひもを結ばないのは靴ではありません。 »