« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月29日 (金)

太田市市民憲章普及推進委員会設立総会

20060929140622

太田市市民憲章普及推進委員会設立総会に、太田NPO法人連絡協議会会長として参加しました。

合併にともない、これまで太田市と新田・尾島・藪塚各町にあった市・町民憲章が廃止され、新しく制定された市民憲章を普及推進するための委員会で、規約等の制定、役員の選任、事業計画・収支予算等について審議し、決定しました。

初代会長は太田市老人クラブ連合会会長の相川卓也さんに決まりました。

市民憲章というのは、イギリスなどでは行政が市民に約束する仕事内容を定めたものだそうですが、太田の市民憲章は市民がこういうまちづくりをしますと約束するようなものになっています。

会議では冒頭この市民憲章を全員で唱和し、その後太田市の歌を歌ってから議事に入ります。参加者も市内のいろいろな団体の長の方たちや議員の人たちが多いようで、市民憲章の普及促進というのが全市をあげて取り組む課題となっているのだなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

5万ヒット達成!

ブログ開設からおよそ1年5ヶ月、書いた記事は350件。ヒット数がついに5万件を超えました!いつも見てくださっているみなさん、本当にありがとうございます!

最近、ブログが短くなっているね、忙しいの?と聞かれるようになりました。ええまあ、実はその通りなんです・・・。もちろん、忙しくないと困るんですが。

でも、短くても、これからもブログは書き続けていきたいと思っています。また、こんなことを書いてほしいというようなご要望がありましたら、ぜひお知らせください。できるかぎりお答えするようにしたいと思います。

これからもよろしくお願いします!m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

スポレク祭説明会

20060927100638

10月21日、22日の土日に太田市運動公園で行われる太田スポーツレクリエーション祭(太田スポレク祭)の出展説明会に参加しました。

太田NPO法人連絡協議会では、昨年も2日間出展し、ジュースやバルーンアートの販売を行い、好評だったので、今年も実施する予定です。

ぜひぜひ、のぞいてみてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

館林市議選 渡辺みつのりさんが当選!

ダントツの最年少、27歳で館林市議選に立候補した渡辺みつのりさんが昨日1405票15位で当選しました!

定数24のところ28名が立候補し、少数激戦といわれた選挙。結果的には落選された4名の候補者はいずれも新人でした。渡辺さんは新人候補の中では2位。多くの人に支援してもらった結果が出ました。

午後10時半過ぎ、電話が鳴るとみんな一瞬しーんとして耳をすまします。

「はい、はい・・・渡辺みつのり1300票!」

電話を受けた方の声に、わあっと拍手が沸き起こりました。2度目の開票速報での当選確実でした!その後、本人が到着し、拍手と歓声に迎えられて正面に立ち、

「みなさんのお力です、ありがとうございました!」

と深く頭を下げました。

20060924224905

渡辺さんには、1405人からの熱い思いに応え、館林市政をより市民のみなさんに開かれたものにしていってほしいと期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

久しぶりの電車

久々に、子どもたちを連れて電車に乗りました。

乗り継ぎを事前に検索すると、なんと10時に足利を出て11時20分ごろ北千住に到着する間に3回も乗り換えなければならないとのこと!

いままで、足利や太田で電車に乗れば終点は浅草というのが当たり前だったので、この乗換えの多さには本当にびっくりしました。朝や夕方の時間帯には乗り継ぎなしでいける電車もあるのですが、昼間の時間帯はほとんどが久喜どまり。乗ろうと思った電車はその前の館林で止まってしまい、さらに東武動物公園駅でも乗り換えるということでした。

一人ならともかく、下の子はまだ保育園だし、肩がまだとっさに動かないので乗り換えに自信がなく、結局館林まで車で送ってもらい、そこから電車に乗りました。

東武線は運賃も安いし、これも経費削減で仕方ないのかもしれませんが、ベビーカーや車椅子だったらさらに大変だろうな・・・と思わずにはいられませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

太田市に合併してよかった!

先日、太田市に合併して本当に良かった!というご意見を聞きました。

その方は、お子さんがおおた芸術学校に通っていて、子どもたちが本物の楽器や音楽に触れる機会があり、指導の先生方もすばらしい人たちばかりだということにとても感動していて、このことだけでも、太田に合併して本当に良かったと心から思う、とおっしゃっていました。

合宿などもあり、かなりハードな練習をこなさなければならないし、親も送り迎えなどは大変ですが、子どもたちが決して練習をいやがらず、真剣に、楽しんで取り組んでいるところを見ると、こういう経験をした子どもたちは、きっと間違った方向に進まずに人生を過ごしていけるだろうと感じる、こういうのが本当の教育だと思う、との言葉は、とても嬉しいものでした。

「住んで良かったと思えるまち」「住みたいと思うまち」というキャッチフレーズは、良く使われますが、本当にそういうまちづくりをするのは、並大抵のことではありません。市民が、どういうときにそう感じるのか、そのことを知ることは、政治に関わろうとするものにとって、不可欠のことだと思います。けれども、最近は「ここが困る」「あれが苦しい」ということはよく聞かれますが、その逆を聞くことはあまりないのです。

芸術学校に限らず、スポーツ学校、IT学校、ぐんま国際アカデミー、外国籍の子どもたちへの取り組み、おおたには評価できる教育の取り組みがいろいろあると思います。わたしが評価しているその根本的な共通点は、子どもたちの個性を伸ばす取り組みというところです。

こうでなきゃいけない、という理想像をつくって、それに合う人間を作るのではなく、子どもたちそれぞれの多様な才能を伸ばす機会を与えること、それによって、自分というものへの自信や自尊の感情が生まれ、自己を確立することによって他者への尊重をも学べるのだと思います。

子どもの教育は本人と親、それだけではなく、社会全体にとって大きな関心事であり、社会の基盤をなすものです。群馬県も、「この県に住んでよかった」「この県に住みたい」と思われるような教育環境整備の取り組みをよりいっそう支援していってもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

東部県民局長に要望

20060920_1104

総合太田病院の小児科存続を求める会で東部県民局長にお会いし、小児医療に関する講演会やシンポジウムなどの東毛地域での開催を要望しました。

先日前橋で行われたシンポジウムは、資料も豊富で内容も濃く、とてもよかったのですが、東毛地域の資料がやや少なかったこと、こちらのほうからではなかなか参加が難しいことがあり、小児医療に関する関心がこれまで以上に高まっている東毛地域で、ぜひ実施していただきたい、そのためにご協力できることがあれば、ぜひご協力させてください、とお願いしたのです。

局長の八木さんのお話では、県・市・医師会・病院関係者など、当事者が集まってのシンポジウムの実施はいろいろな配慮や日程調整などの関係でなかなか難しいけれど、福島理事とも相談してまた連絡したいとのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

スズメバチ

台風が近づいているとのことで、やや風がつよく蒸し暑い中、活動報告を配りに行ってきました。

その途中、一軒のお宅でご挨拶をしていたとき、急に

「あ、あぶない!」

といわれ、振り向くと大きなスズメバチが!幸い、すぐにどこかへ飛んで行ってしまったので、被害はなかったのですが、帰ってきてインターネットでニュースをみているとスズメバチに刺されて死亡、との記事を発見。

スズメバチは黒や青を狙う習性があるそうですが、いつも持っているバッグが青いので、もしかするとそれで近寄ってきたのか?とちょっと怖くなってしまいました。この季節、特にスズメバチが攻撃的になるらしいので、みなさんもお気をつけください。

ちなみに、こちらは昨年放映されたスズメバチ対策の妙案についてです。ご参考までに。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月16日 (土)

ぐんま国際アカデミー スポーツデー

今日は、ぐんま国際アカデミーの運動会「スポーツデー」でした。
台風が近づいているとのことでしたが、時折太陽が顔をみせるまずまずの天気となりました。
去年と比べると児童数も保護者数もほぼ倍になり、だいぶ運動会らしくなってきました。
去年はなかった徒競争らしき競技も今年はあって、少し遅刻して到着すると丁度うちの子が走るところでした。
児童席も去年はなかったのですが、今年は椅子を出してあって、なんとなくそれらしく見えます。
わたしは去年のいかにもGKAオリジナルな運動会もとても好きだったのですが、今年のもまたそれはそれでいい感じでした。

今年は四、五年生がだいぶがんばったようで、準備も後片付けも保護者の負担はだいぶ減ったようだと言うことでした。
実況放送も子どもたちが英語と日本語で行うのですが、英語の発音がだいぶ綺麗だったので、お勉強の方もがんばってるんだなと感心するやら嬉しいやら。
既成の概念と離れたところで子どもたちと先生方がいろいろアイデアを出しあって作り上げたんだろうスポーツデー。その経験そのものが子どもたちにとって生きた勉強になると思います。みんなお疲れさま!

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

とみた潤くんのブログ

来年の統一選で、愛知県豊川市で市議会議員選挙に挑戦するため、元気に活動を続けているとみた潤くんが、ブログをはじめたので、ご紹介します。

とみた潤くんは29歳。社会人経験もあり、秘書経験を通じて政治の現場もみて、各地の選挙応援も経験した上で、地元に帰ってゼロからのスタートを選びました。

そんなとみた潤くんのセールスポイントは「トコトンやります!」若さと、行動力と、そしてなにより物事に誠実に真正面から取り組んでやりぬくその姿勢は、まさに市議会議員として一番求められている資質ではないでしょうか。

とみたくんのさらなる活動の充実に期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

尾島で朝宣開始!

20060914_0835

今日から、尾島地区で朝宣を開始しました。今日は岩松の交差点で、7時40分ごろから約1時間。朝宣を初めて以来一番激しい雨降りでしたが、なんとか乗り切りました。

先日の日曜日、あんなに暑かったのがうそのようにここ数日寒い日が続いています。Tシャツの上にうすいジャンバーをはおり、その上からカッパを着ていても手足が冷たくなってしまいました。

でも、初めての場所にもかかわらず、手を振ってくださった方が何人もいて、嬉しかったです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

ケータイのフタ!

少し前から携帯のフタの調子が悪く、気がつくと外れてしまっていることがときどきありました。

で、今朝、またもやフタがありません!ざっと家の中など見てみましたが、みつからずじまい。フタなしでも使えないことはないのですが、やっぱり良くないと思って、ショップへ行ってきました。

すると、残念ながら携帯のフタは無料修理の対象にならない、とのこと。

何にもしてないのに、いつのまにか外れるようになってしまったんです~と訴えましたが、モノがないので確認が取れないということで、結局420円払って再購入。

そして、家へ帰って車を止め、ドアを開けて車から降りると、なんと闇の中に白く光るものがあるではないですか!

もちろん、その光るものの正体は、ケータイのフタでしたとも!電気の下でよくよく確認したところ、やはりフタを固定している小さいつめの一部がごくわずか欠け落ちていました。

20060913_1957

複雑な気持ちでしたが、朝見つかっていたとしてもそのまま使い続けるとしょっちゅう脱落してそのたびに探さなければいけないでしょうから、新しいのにして良かったと思うことにします。

ちなみに、携帯やさんで、フタがなくなってしまって買いに来るお客さんが多いといいつつ、脱落しやすいという報告は来ていません、ということだったので、携帯のフタをはずすなんて特定の状況に限られていて、はずしたままどこかに放置してなくしてしまうなんてあんまりないと思うので、フタが脱落しやすいということかもしれないから、そういう意見があったと上の方に伝えてください、とお願いしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

いろんなものに出会います。

毎日、太田市内のあちこちを歩いていると、いろんなものに出会います。

今日のような雨降りの日は、あちこちにカエルがいて、ドアを開けた隙に家の中まで入ってきます。

雨が上がって少しあたたかい夕方は、大きな蚊が飛んできて、いつの間にか刺されています。今日はなんかかゆいな・・・と思ってまぶたを触ったら、蚊がつぶれて、指に血がついてしまいました。蚊に刺されたときには掻かないのが鉄則。かゆい、かゆい・・・と思いつつ、かゆみに耐えて歩き続けるといつのまにかかゆくなくなってしまいます。

昨日は車であるお宅に伺ったら、駐車場にでんとウサギが寝そべっていて、おそるおそる車を入れるとめんどくさそうにはねていきました。

玄関の脇のケージの中にタヌキがいたこともあります。

大きな犬がつないであることに気づかないで玄関のポストのところまで行って、帰ろうとしたらほえられてしまい、敷地の中から出るに出られなくなってしまって、となりのお家の方に助けていただいたり・・・。

ちなみに、放し飼いの犬がいる家もあります。吠え掛かられたら、走って逃げてはいけません。怖くない、怖くない、と自分に言い聞かせながら犬から目を離さないようにしてゆっくりとあとずさり。脱出します。

ここしばらくは、ネコのお産の季節だったようで、玄関に近づくと子猫がさっと走って逃げていくのによく遭遇しました。

かわいい生き物に出会うたびに、写真をとりたいと思うのですが、生き物たちはみんなすばしこく、わたしがカメラを構えるのを待っていてくれません。それに、人のうちの軒先でカメラを構えているのもなんとなく不審者っぽいし・・・。

ということで、写真がないのが残念ですが、大目に見てやってください。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

毛里田地区運動会

20060910_0808

上の子が小学校に入学し、地域の子ども会に入れてもらってから、運動会やドッジボール大会など地域の催しに参加するのはほぼ必須になっています。

今日も毛里田地区の運動会に参加したのですが、集合は朝7時50分。でも、遅刻の心配はありません。なぜかって?

朝5時58分、毛里田じゅうに響き渡る大音声で花火が炸裂します。ちなみに我が家は会場の毛里田中学校のすぐ近く。花火の音もひときわ大きくはっきりと聞こえます。もちろん、たとえ一回で目が覚めなかったとしても、数分おきに合計3回花火の爆発音が響き渡るので、寝過ごすことはありません。

その後は、「ただいまマイクのテスト中」「本日は晴天なり・・・」と続きます。我が家は運動会の日は会場に行かなくても進行状況が常に把握できる、絶好のロケーションです。

自宅のある矢田堀地区は、毛里田地区の中でも小さい方で、とくに子どもの数は圧倒的に少なく、どの競技でも勝ち負けよりも参加できる人数が集まるかどうかということがまず重大な問題になります。

そんなわけで成績はあまり上位というわけには行かないのですが、珍しいことに(?)綱引きでは2回も勝ちました!2回勝ったところで、テントで見ていた人たちの中からこんなつぶやきが・・・

20060910_0919

「あんまり勝っちゃうと市の大会に出なきゃいけないから大変だよ・・・」

えー、ご心配なく、その後は順調に負け、4位でした。(^ ^;

女子学年別リレーでは、通常小学校1年生から6年生まで各学年1人づつの選手と中学生3人の合計9名で走るのですが、今年は矢田堀地区に1年生女子はおらず、年長さんにもいないということで、まだ年中児のうちの子が1年生に混じって走りました。

20060910_1147

もちろん、後ろから数えて1等賞でしたが、ちゃんとコースを外れることもなくバトンタッチすることができました。よかった、よかった。

今日は朝から蒸し暑く、最初は曇り空だったのですが、競技が進行するにつれて徐々に晴れ上がり、これ以上はないというほど暑い日になりました。そんな中、元気に頑張った子どもたちとサポートの役員さんたち、本当にお疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

「男おやつ」が常識に

これって、ニュースのタイトルなんですが、「男おやつって何?」と思ったら、男の人が食べるおやつのことらしいです。

こんなタイトルがつくほど、大人のおやつは女性が食べるもの、という感覚は根強いんですね~。

わたしは甘いものはどちらかというと苦手で、普段はほとんど食べません。でも、事務所に来てくれる男性陣は甘いものが好きな人が多く、中には朝ごはんをケーキなどで済ませるというツワモノも・・・!

どうやら甘いものが好きな男性が増えているのはうちの事務所だけの現象ではなかったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 8日 (金)

ひもを結ばないのは靴ではありません。

ゴールデンウィークにポスター貼りを始めてから、歩く距離も増え、大きなマメができたり、足の真ん中辺りが痛くなったりすることがあったのですが、8月に新しい靴を買ってから、すこぶる快調です。

20060908_2243

靴自体は、普通の運動靴なのですが、一人一人の足に合わせたインソールをつくってくれるこだわりの靴屋さん(靴以外にもいろいろ取り扱っていますが)に、以前から勧められていたインソールを入れたところ、全然違うのです。

ちなみに、インソールというのは、靴の中敷のこと。普通の靴に入っているのは平らですが、今回つくってもらったものは、足の形に合わせてかたどりをし、足が本来持っているべき凹凸をもてるようサポートするような凹凸があります。

20060908_2246

20060908_2246_0001

その靴屋さんが言うには、インソールだけでなく、大事なのは靴のひもをしっかり結ぶこと。ひもを解かないで脱いだりはいたりできるような状態のものは、靴ではなく「サンダル」「つっかけ」だそうです。

めんどうくさがりのわたしですが、歩けないと仕事にならないので、靴の大切さはそれなりに認識しています。とはいえ、ひも靴がめんどうなのも事実。いままでは、よくないと思いつつ、いちいちひもを結んだりはしていませんでした。

今回、インソールを入れるにあたって教えてもらったことは、靴は履くときより脱ぐときが肝心、ということ。はくときは急いでいることが多いけど、脱ぐときはたいていその後リラックスでき、時間に余裕がある場合が多いので、脱ぐときにきちんとひもを緩めておくと、はくときに楽なのだそうです。

で、ためしにやってみると、確かにその通り。ひもを緩めて靴を脱ぐと、靴も傷まないし、はくときは自然としめなおすことになります。

インソールと、ひもの締め直しが確実に効いているようで、それ以来、足の甲の痛みに悩まされることはなくなりました。みなさんも、ぜひお試しあれ!ちなみに、こだわりの靴屋さんを知りたい方は、ご紹介しますのでご一報ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

太田病院の小児科存続を求める会・その後

20060907_0949_1 

今日は朝9時から市役所で行われた市長との縁台トークに「総合太田病院の小児科存続を求める会」のメンバーが参加。ここ数日の県の補正予算関連の報道や、市の取り組み状況についてお話を聞きました。

県は補正予算案で太田病院に825万円ほどの補助を出すことを示し、市からも病院へはお金の面での協力が必要であれば言ってほしいということを伝えているということで、いろいろ努力していただいているようです。

けれど、その後伺った太田病院の関係者の方のお話では、予算的な問題はもちろんあるけれど、お金のことだけで医師を確保できるかというとそうでもない、とのこと。医師の確保はどこでも難しい状況だし、太田病院でも来年度以降医師を確保できるかどうか、決まったわけではない。まったく安心できる状態ではない、とのことでした。

会の話し合いでは、今後も市民のみなさんに現状を知ってもらい、関心を持ち続けていただくために、シンポジウムを企画するなど、今後とも活動を続けていくことになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

肩の痛みは回復傾向です。

昨日の夜中まで、眠れないほど痛かった肩ですが、今朝起きると少し回復していました。

朝宣は伊勢崎市議のみよしさんが来てくれて、のぼりを立てるおもりなどの準備をしてくれたので、わたしは右手だけを振って1時間乗り切りました。

同じ症状を経験したことがあるという人の話も聞きましたが、どうやら痛くなったり回復したりを繰り返しながらだんだんよくなるようです。

とりあえず、当面なるべく肩を動かさないのがいいようなので、事務所での作業も周りの人たちに手伝ってもらって、今日は一日おとなしくしていました。おかげさまで、動かさなければほとんど痛くないところまで回復しました。早く治るといいなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

持つべきものは

昨日無理してポスターを貼りに行ったせいか、今日は肩の痛みがさらにひどくなっていて、車の運転にも支障を来たすほどでした。

いったん自分で運転して出発したのですが、いくらも行かないうちに「これは無理」と挫折。事務所に戻りました。幸いにもわたしと別行動でポスターを貼ってくれていた仲間がいたので連絡をとり、一緒に行ってもらうことに。

おかげで運転せずにすみ、ポスターも貼ってもらえて本当に助かりました。暑い中、つきあってくれてありがとうございました!

ちなみにこの肩の痛み、治るのに数週間から半年ほどもかかるそうです。そうは言ってもなかなか休むわけにも行かないので、一緒にポスター貼りに行って下さる方、いらっしゃったらぜひお願いします。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

四十肩?

月曜日の朝宣以来、急に肩が痛くて腕が水平より上にあがらなくなってしまいました。

P1000008

今日別の用件で整体の先生にお会いしたので、ついでにちょっと診てもらいました。やっぱり専門家に診ていただくと、違います。上がらなかった腕がみるみる上がるようになりました。

でも、やはり完治には数週間かかるそうで・・・。来週の朝宣、腕を低いところで振っていても、大目に見てやってください(><。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »