« 学童クラブスタッフ懇親会 | トップページ | 固定資産税など商店スタンプ券で支払い 福島・矢祭町 »

2006年8月 6日 (日)

小説(風)ポスター貼り

暑い。ただひたすら暑い。太陽がじりじりと照りつけ、肩と首筋を焼く。足元のアスファルトからたちのぼる熱気が空気を揺らめかせている。

絶え間なく流れ落ちる汗が目にしみる。対照的に、口の中はからから。昨日もおとといも気温は38度を超えていたらしい。今日も間違いなく超えているだろう。もう限界だ。水がほしい。次に自動販売機があったら、絶対に何か買う!

でも、こんなときにかぎって自動販売機はない。なんだか砂漠を旅しているような気分になってきた。水がほしい!

「ウーロン茶一杯飲んでく?」

あ、ありがとうございます・・・!遠慮さえしないでうなずいた。

「暑いから、気をつけてね!」

優しい笑顔が神様みたいに見える。うう、助かった!

冷たいカンを一気に飲み干す。

気を取り直して、まだまだポスター貼りの旅は続く。いつのまにか日が傾きだして、風が涼しさを運んできた。

※この話はノンフィクションです。ウーロン茶ありがとうございました!

|

« 学童クラブスタッフ懇親会 | トップページ | 固定資産税など商店スタンプ券で支払い 福島・矢祭町 »

コメント

ともよさん、暑い中ご苦労様でーす!
がんばってくださいね!!

投稿: えいちゃん | 2006年8月 8日 (火) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小説(風)ポスター貼り:

« 学童クラブスタッフ懇親会 | トップページ | 固定資産税など商店スタンプ券で支払い 福島・矢祭町 »