« 静かな朝宣 | トップページ | 蓮たかみちくんの写真撮影 »

2006年8月15日 (火)

ポスターの剥がし方

最近「ポスターの貼り方」という検索がときどきあります。しかし、ポスターの貼り方の極意は剥がすのを経験して身につくもの。せっかくなので、ここでポスターの剥がし方をご紹介します。

ポスターをきれいに剥がすのには、もちろん、貼る場所を選んで貼るのが一番有効ですが、不幸にして、きれいにはがれないようなところに貼ってしまった場合や、期間や環境の問題で粘着テープが接着面に残ってしまったような場合は、まずガムテープを使用します。

20060815_1647

糊が残っているところに、ガムテープをくっつけて何度もつけたり剥がしたりをしているうちに、壁や塀に残っていた糊がガムテープにくっついて剥がれてきます。このとき、ガムテープはケチらず、糊がテープにうつってきたらすかさず次のテープを使うようにしましょう。せっかくガムテープについてくれた糊が、また接着面にもどってしまうと悲しいですからね!

20060815_1648

この方法は、比較的つるつるした面の場合、かなり効果があります。

20060815_1651

それでも取れない場合は、ガムテープや両面テープ用の剥がし剤を使用。

20060815_1653

これはホームセンターなどでいいものが売っています。スプレー式の液をかけてしばらくおくと糊が溶けてくるので、これを雑巾などでごしごしふきます。

20060815_1653_0001

すると、このとおり。きれいにはがれます。

20060815_1657

ただし、剥がし剤の注意点は、接着面のペンキなどまで溶かしてしまう場合があるということです。材質によっては糊は落ちても、液をかけたところの色が変わってしまう場合があるので、気をつけましょう。

勢いよくポスターを剥がしたら、貼ってあったところのペンキがベリッと剥がれてしまった…なんてコワイ体験をすることもあります。その場合はひたすら謝るしかありません。もちろん、同色のスプレー式のペンキを買ってきて、後日補修を行います。

ポスターを剥がさずしてポスターを貼ることなかれ。ぜひみなさんも、ポスター剥がしを体験してみてくださいね!

|

« 静かな朝宣 | トップページ | 蓮たかみちくんの写真撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポスターの剥がし方:

« 静かな朝宣 | トップページ | 蓮たかみちくんの写真撮影 »