« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

群馬県の小児救急・周産期医療体制をいかにして守るか?

20060729140557

群馬県の県民公開医療シンポジウムが前橋の県社会福祉総合センターで開催されました。

群馬県医師会・群馬大学医学部との連携の下、基調講演として群馬大学医学部小児科教授の森川昭廣さんと産婦人科教授の峯岸敬さんの講演があり、その後県の健康福祉局医務課長の橋本和博さんから県の取り組みについての報告がありました。

20060729152712

休憩をはさんで行われたディスカッションでは、前段の報告者に加え県医師会の理事の方がお二人加わり、会場からの質問も交えて活発な議論が交わされました。

特に、県内の周産期医療を支えるNICU(新生児集中治療室)に関しては、病床数が足りず、県外に搬送依頼をしても空きがないという現実があり、危機的な状況にあります。

総合太田病院のNICUはこれまでかなりの数の患者を受け入れてきましたが、規模が縮小されてしまいました。受け入れられなくなった赤ちゃんたちはまず桐生厚生病院へ打診がありますが、空きがない場合がほとんどで、小児医療センターでも空きがなく、埼玉、栃木、茨城、場合によっては長野や東京へも打診し、それでも受け入れ先があれば幸運というような状態だと小児医療センターの先生がおっしゃっていました。

周産期医療は群馬県だけでなく全国で医師不足が非常に問題になっています。不足が叫ばれている小児科医と産科医両方ともがそろわなければ成り立たないNICUを安心して利用できるような状況にするためには、県や地域の取り組みとともに、長期的な対策を国レベルでとる必要があります。

密度の濃い内容の有意義なシンポジウムでしたが、やや空席が目立ったのが残念でした。広報周知は簡単ではありませんが、せっかくのシンポジウムなのでもう少し一般の県民が参加できるよう呼びかけていただけると良かったと思います。また、わたしたちの直面している問題を市民一人一人が認識できるよう、こういうシンポジウムを東毛でもぜひやってほしいと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

長野県知事選合同個人演説会

20060728180343

昨日、長野市の県民文化会館で開催された長野県知事選の合同個人演説会を聞きにいってきました。告示後に開催される公開討論会は、候補者の個人演説会を合同で行うということで、「合同個人演説会」と呼ばれます。

マニフェスト型討論会と聞いていたので、マニフェストをもらいたいと思って各候補の事務所を訪問しましたが、どちらも冊子になっているような詳しいマニフェストはなく、ちょっと意外でした。

新人候補の方の事務所は接客スペースと奥のスペースとに別れていて、奥の様子はよくわかりませんでした。現職の方はボランティアらしき方々が数名いて、チラシ配布のお手伝いを募っていました。

20060728185038

演説会は、各候補の方々が自己紹介やテーマごとの政策などをそれぞれ一定時間述べるだけでなく、一方の候補者から他方の候補者へ質問し、答え、また質問するというディベートに近い方法も取り入れてあり、なかなか見ごたえがありました。

現職の方が紹介されていた、宅幼老所という街中に設置されたお年寄りのデイサービスと0~3歳までの子どもの預かりを同時に行う制度がなかなかおもしろいと感じたのですが、調べてみたところ、宅幼老所といっても実際にはお年寄りの利用がほとんどのようです。今度、ぜひ現地を見学してみたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

トマトの甘煮

昨日訪問したお宅で、トマトの甘煮をごちそうになりました。

ご自宅で採れたトマトがちょっと固くてすっぱいので、こういう風に食べるとおいしいんですよ、とつくり方も教えていただいて、おみやげにトマトまで頂いてしまいました。

せっかくなので、教えていただいたつくり方をご紹介します。

まず、沸騰したお湯にトマトをまるごと入れます。しばらくしたら水にさらし、皮をむきます(湯むき)。このとき、ヘタの部分を少し大きめに切り取ります。

湯むきがすんだらおなべに入れて、ガムシロップで煮込んでできあがり。冷やして食べるとちょっとしたデザートになります。

この方は、もう70歳を過ぎているそうですが、インターネットで料理のレシピを検索してつくるのがご趣味とか。トマトの食べ方もいろいろ研究されたそうですが、この方法が一番おいしいとのことでした。

みなさんも、ぜひ一度おためしあれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

ワーキングプア

先週のNHKスペシャルで「ワーキングプア」と呼ばれる働く貧困層が拡大している実態の特集が放映されました。

ワーキングプアというのは、働いているのに、生活保護世帯の水準以下の暮らししかできない人たちのことだそうです。

都会では、日雇いで暮らす若者が、住む家を借りることもできず、就職したいけれど面接に行くための交通費が捻出できず断念したり、コンビニのゴミ箱から雑誌を拾って日々の食費を稼いでいます。

田舎では、大家族でそれぞれが出稼ぎや農業で精一杯働いているにもかかわらず収入は10人家族で年間500万にしかならなかったり、長年続けてきた仕立ての仕事がほとんどなくなり、年金は妻の医療費で消えてしまい、上がった介護保険料が払えなくなってしまうという現実があります。

さらに、ワーキングプア家庭の子どもたちが、お金がなく塾に行けず、さらに授業料や入学金のことを考えると大学にはいけないかもしれないと思ってしまう実態。

しかし、番組で放映された現実よりもさらに悲しい現実は、こういった事例が決して特殊なものではなく、わたしたちの周りにこのような状況を抱える人たちがすでに珍しくなくなっているというそのことなのではないでしょうか。

あきらかに、いまの日本で行われている競争は、人によってスタート地点に大きく差がついています。非凡な才能でそのハンディを乗り越えていける人たちもいるけれど、その差を見ただけで競争そのものをあきらめてしまう人たちもいます。

その数が増えていけばいくほど、社会全体のリスクが増え、結局は富んでいる人たち、競争の勝者たちにも重くのしかかってくるのではないでしょうか。

政治は本来、このような問題を解決するためにあるはずです。ハンディを負っている人たちに手を差し伸べることをしないなら、政治の存在意義はどこにあるのでしょうか?

この現実は、政権を担っている人たちの失敗です。けれども、わたしたち一人一人にもこの現実の責任があります。なぜなら、わたしたちは有権者だからです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年7月26日 (水)

久しぶりに暑い日でした。

今日は久しぶりにお日様が顔を出し、暑い日となりました。

昨日から雨が降っていないので、そろそろ塀も乾いたかなと思い、ポスター貼りに行きましたが、やはりまだ日陰の塀はしめっています。でも、なんとか両面テープがくっつくぐらいまで乾いてきました。

帽子をかぶり、日焼け止めを塗って準備万端!暑さに汗がだらだら流れ、日が落ちて涼しくなると今度は汗が乾いて塩で肌がざらざらしてきます。

事務所に戻ってから、スポーツドリンク500mlを一気飲みしてしまいました。ふう~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

太田病院の小児科存続を求める会で網の目トーク

網の目トークというのは県政のさまざまな課題について県民と県の幹部が直接話し合う機会をつくろうということで、何年か前から県が実施している意見交換会です。

署名提出後の県の動きなどについて、ぜひお話を聞きたいということで、総合太田病院の小児科存続を求める会でも網の目トークをお願いすることになり、昨日九合の行政センターに、集まりました。

F1000543

県からは担当理事である福島金夫さん、東部県民局長の八木計二さんほか担当の方々数名にお越し頂き、現状と今後の見通しについてご説明いただきました。

F1000541

現在、県としても総合太田病院の医師確保に全面的に協力し、院長先生があちこちにつてをたどって医師派遣の依頼に行かれるときも、県からも同行し、行政と一丸となって医師確保に努めているという姿勢をアピールしたり、先日報道もされましたが、将来一定期間県内の医療機関に勤務することで返還免除となる奨学金を創設したりといった様々な努力をしているそうです。

また、医師会等も積極的に動いてくれているそうで、県としては来年度現状維持がなされることについては明るい見通しを持っているということでした。

とはいえ、現状太田病院の小児科では、1500グラム以下の特に低体重の赤ちゃんを受け入れる体制がとれていないことなどから、現状維持だけではなく、医師の増員につとめ、NICUの態勢を整えていくことについても努力していきたいという意思を持っているそうです。このことについては、会のメンバーからも強い要望が出されました。

また、太田市が市民病院化についても研究しているということについては、県としては太田市だけの病院となると関与しにくくなる面もあり、これまでどおり東毛の中核病院として広域の医療に携わるのであれば県としても支援をしやすいというお話もありました。

また、7月29日に県が企画している群馬県の周産期医療を考えるシンポジウムが前橋が会場なので、今後ぜひ太田でもやっていただきたいこと、その際にはぜひ会としても企画等に参加させていただいて協力してやらせていただければありがたいことなども要望しました。

全体としてかなり活発でつっこんだ意見交換が行われ、有意義な会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

みよしさん参宣!

今朝の朝宣は、伊勢崎市議のみよしさんが小雨模様のなか応援に来てくれました。

夏休みが始まったせいか、いつもより人通りは少ない感じでしたが、昨日おとといとお祭りだったため、片づけをする地元の人たちの姿が見られました。

みよしさんの気合の入った「おはようございます!」の声に、いつもの朝宣がさらにパワーアップした感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

雨降りがつづいてます。

このところ、連日雨が降っています。

昨日は久しぶりに雨がやんでいたので、すわとばかりにポスター貼りにでかけました。でも、数日降り続いた雨のせいで、塀が湿っていて、両面テープがうまくくっつかないため、結局あきらめて晴れた日にまた行くことにしました。

たいていの塀はブロックの中に空間があり、その中に水がたまるため、雨がやんでもなかなか湿気がとれません。また、じめじめしたお天気が続くとコケが生えてきて(あるいは生えているコケが元気よくなって)これも両面テープの接着を妨げます。

洗濯物も外に干せなくて家の中までしけっぽくなっちゃうし…。各地で豪雨災害も発生しているようです。

そろそろスカッと晴れた空が恋しい気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

太田NPO法人連絡協議会総会

F1000531

設立一周年を迎えた太田NPO法人連絡協議会総会と加盟団体の親睦会が開催されました。

本年度の目標は、加盟団体相互のコミュニケーションを深め、今後さらに協力体制を強固にしていくための下地づくりでした。

そういう意味では、今年の事業目標達成はまずまずです。現在加盟団体は17団体。新規に設立されているNPOは増える一方なので、協議会もこれからも仲間が増えていくことと期待しています。

F1000535

来賓として太田市市民生活部長にもお越し頂き、総会後の親睦会では各団体のアピールや今後の支援体制についても聞いていただくことができました。

F1000532

まだまだはじまったばかりの協議会ですが、試行錯誤を重ねつつ、太田市のNPO活動の発展に寄与できればと願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

面談

ぐんま国際アカデミーでは、成績表を保護者に直接わたします。一人10分程度時間をとって二人の担任の先生から学校での様子を聞き、成績表の説明を受けます。

今日はその面談のため、学校へ行ってきました。あいにく日本人の先生が風邪で欠席ということで、外国人の先生と通訳の方との面談でした。ちょっと緊張しましたが、日本人の先生がいるとどうしても日本語でその先生とばかり話してしまうので、直接外国人の先生の話が聞けてよかったかもしれません。

1年生のときは、本人は同席しなかったのですが、今回はまず本人から、英語で授業の内容の説明がありました。先生も、ここがいい、とか、ここはもう少しがんばって、ということを直接本人に伝え、うんうんとうなずきながら聞いていたので、これは結構効果あるかな?と思いました。

「先生の話、ちゃんとわかった?」と確認すると、「もちろんわかったよ!先生にほめられた。」とのこと。どうやら都合のいいところだけ理解しているようです(^ ^;

でも、学校でも楽しく過ごせているようなので、安心しました。それがなによりと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

夏の交通安全運動

かなりの雨の中朝宣に向かうと、おまわりさんが白いカッパを着てたっていたので、どうしたんだろうと思っていると、その先に「交通安全」というたすきをかけて傘を差してたっている人がいました。

どうやら、夏の交通安全運動の一環らしく、朝宣が終わる頃までずっとご一緒させていただきました。 いままでで一番雨の降り方が激しく、カッパは着ていたのですが、かさを持っていくのを忘れて髪がびしょぬれになってしまいました。

でも、冬と違って寒くなく、かえって水が気持ちいいくらいでした。

8時半を過ぎてのぼりを片付けていると、「写真の方がふっくらしているねえ」と声をかけられました。と、いうことは・・・ポスター=わたしと気づいてもらえたってことですね、よかった、よかった!でも、写真を撮ったときのほうが、多分やせていると思うのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

黒岩たかひろさんのポスター貼り

16日、17日の二日間、新潟県選出の参議院議員黒岩たかひろさんのポスター貼りのお手伝いに行ってきました。

黒岩さんには前回の県議選のときに推薦人になっていただいたご縁もあり、3月には結婚披露宴のパーティにもお招きいただいています。来年7月に改選になり、定数2議席のところ、民主党が公認を二人立てることになっているので、厳しい戦いになります。

今回は、わたしが今地元で貼らせていただいているような、演説会の告知ポスターを全県に貼るのが目的です。新潟県はとても広いので、全県に貼るのは本当に大変なことです。しかし、群馬と違って屋外広告物条例はないそうなので、その点では少し楽かもしれません。

天気予報では二日とも大雨ということだったのですが、幸い時折ぱらぱら降る程度でなんとか持ちました。

黒岩さんのポスターはわたしのと同じサイズですが、横長タイプで、迫力満点です。

F1000530

こんなところにも貼らせていただきました。

F1000528

黒岩さんの新潟事務所は自宅件事務所だそうで、普通の住宅でした。

F1000526

F1000527

妻の美春さんと二人で、初日にポスター貼り競争をしたそうですが、結果は美春さんの勝ちだったとか。(^ ^; でも、現職参議院議員で自分でポスターを貼りに行くなんて、なかなかないのではないかと思います。

支持者の方のお宅に泊めていただき、夜はスーパー銭湯で疲れをいやし、楽しい二日間を過ごさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

児童健全育成推進財団の視察

20060714153128

全国の児童館、児童クラブの連絡・調整・推進などの支援を行うために設立された財団法人児童健全育成推進財団の方がぐんま国際アカデミー学童クラブを視察のため訪れました。

NPO法人による運営ということや、ぐんま国際アカデミーという特色ある学校に設置されていることなどがユニークだということで、訪問の依頼があり、お受けしました。

この日は、スタッフがときどき行っている太田に古くから伝わる民話を子どもたちに話して聞かせるコーナーの実演をご覧いただきました。ぐんまこどもの国の奥にある池にまつわるお話で、話の中に出てくる「よし」などはなるべく本物をみせたいということで、3本のヨシとバケツやブルーシートなどをつかってさながらミニ演劇といった感じでした。

20060714154038

子どもたちも熱心に意識的に方言を取り入れて話される民話に聞き入っていました。

視察の方には、当学童クラブはスタッフはみな有償ボランティアであること、それぞれの個性を活かして多彩な遊びを行っていること、一方で学童専用施設でないため、不便な点もあることなどをご説明しました。

また、学童クラブの補助金が太田市内在住のお子さんの分しか出ていないため、実際の在籍数より少ない人数分の補助金になっていること、学童は全国に存在するので、各市町村で協定などを結んで市外のお子さんの利用についても補助する制度を実現してほしいこと、それが無理でもせめて県の補助金や国の補助金だけでもいただけるようにしてほしいことなどの要望もお伝えしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

新型船でハワイから日本までの航海に挑戦へ

海洋冒険家の堀江謙一さんが、波の力を利用して進む新型船で、ハワイから日本までの航海に挑戦するそうです。

波の力を利用して進む船、といえば、忘れられない思い出があります。

二度目の大学である横浜国立大学の工学部建設学科海洋工学コースというのは、もとは造船学科だったところで、船の勉強をするところなのですが、その授業のひとつに波の力を利用して進む船の模型をつくる、という実習がありました。

細長い板と、プラスチックのボードなどを用いて思い思いの模型船を作り、実験水槽でどの船がもっとも速いスピードで進むかを競います。

もちろん、波や水中翼の受ける力や前進する仕組みなどを勉強し、数式で表現するのですが、実際には計算どおりにつくるというわけではなく、カンをたよりに試行錯誤で翼の形や設置場所などを変化させて進むようにつくることになります。

板を削ったり、ねじをとめたり輪ゴムで翼が受ける力を推進力として伝えたり、工作の要素が強く、夢中になってつくったその船の名はイルカ号。

昔から工作が好きだったからなのか、ネーミングがよかったのか、むしろまぐれだと思いますが、いざ本番のレースでは堂々2位。

波を受けて流されるのではなく、それを利用して前進するなんて、なんて面白い発想なんだろうと思いましたが、その船で実際ハワイから日本まで航海するなんて、すごいなあ、とわくわくしています。

航海が無事成功することを祈りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

今日も朝宣!

先週お休みしてしまったので、二週間ぶりになりましたが、今日も雨の中朝宣に行って来ました。

いつも見る車は覚えてきていて、なんとなく知り合いのような感覚です。手を振ってくれる人、クラクションを鳴らしてくれる人、笑顔で会釈してくれる人。たまに以前から応援してくれている顔見知りの人も通ります。自転車の高校生も一杯通るのですが、こちらも、手を振ってくれるので張り合いがあります。

ところで、来週は月曜日が祝日なので、朝宣は火曜日にやるつもりです。時間と場所はいつもどおりです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

広河隆一写真展

太田市民会館の展示ホールで8日、9日とフォトジャーナリストの広河隆一さんの写真展が開かれました。

広河さんは、「マスコミがなかなか報道しない世界の真実」を伝えるための写真月刊誌「DAYS JAPAN」を発行する著名なフォトジャーナリストです。

今回の展示は、今年で20年を迎えるチェルノブイリ原発事故のその後を伝えるさまざまな写真で構成されています。

すぐ近くで原発事故が起きたとは思えないほどごく普通に見える小麦畑と青い空。けれどもその中にある家には、もう誰も住んでいません。この地の作物も水も、目には見えない放射能に汚染されているのです。付近に住む人々は、汚染されたもの以外には食べるものも、飲むものもありません。

たくさんの人が死に、今も、多くの人が苦しんでいます。そしてその苦しみは次世代にまでも影響を及ぼしているのです。

人の手に負えないものをつくりだし、そのことのツケはそれを決めた人だけでなくごく普通の一般の人たちが支払うことになるのだと、改めて感じる写真展でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

天然サウナ

連日蒸し暑い日が続いています。台風が近づいているということで、カンカン照りにならないだけまだましという気もするのですが、湿度が高く、曇っていてもじっとりと汗が出てきて、天然サウナ状態です。

黒い服を着ていると、汗がしみて塩分が白く浮き出してきます。う~ん、今日もがんばった!(^ ^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

同級生

活動報告をお渡しした方に、もうずっと長いことあっていない同級生から、よろしく頼むと言われていると伺いました。

聞いた名前自体がなつかしかったのと、知らないところで動いてくれていたことが嬉しくて、とてもHAPPYな気分になりました。

たぶん、あちこちで、そうして応援してくれている人がいっぱいいるんだろうな、と思うと、感謝となかなかお会いして御礼をいえない申し訳なさを感じます。

この場をかりて、ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

活動報告増刷!

4月末に作成した新しい活動報告が残り少なくなってきたので、増刷することにしました。ついでに、多少修正を加え、改訂版を作成しました。 版を作らずに印刷する方式で、1枚あたりのコストがそれほど印刷部数に影響されないので、ちょっとした修正もすぐ反映できます。印刷しすぎて大量に廃棄しなければならないこともないため、地球に優しい印刷方式です。 新しい活動報告をご希望の方、ご連絡いただければお送りします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

明日の朝宣はお休みです

急用のため土曜日から群馬を離れています。

毎週続ける朝宣ですが、今回はお休みします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »