« 足にマメが! | トップページ | 明日の朝宣はお休みです »

2006年6月30日 (金)

ぐんま国際アカデミー学校説明会

20060630102305

ぐんま国際アカデミーの平成18年度第1回学校説明会・授業公開があり、参加しました。

これまでの入学1年半前の試験、1年前からのプレスクールを経て入学という制度が、入学半年前の試験のみとなり、本年度をもってプレスクールを廃止するということで、入試の内容などについても若干変更があるようです。

これまでの入学試験では、日本語の説明をきちんと聞いて、指示が理解できるかどうかを見るペーパーテストや、図形についての感覚をみるテストなどのほか、小集団活動といって、遊具の置いてある部屋で遊びながら、一人ひとり先生に呼ばれて英語でインタビューを受けるという面接のようなもの、保護者のみの面接などが行われてきたということですが、平成20年度入試からはこれに英語のリスニングテストが加わり、それらの総合評価で合否を判定するそうです。(1年生の場合)

リスニングテストについては学校独自で作成するものですが、内容としては児童英検のブロンズで70%~80%程度得点できれば大丈夫ということでした。

そして、たとえ英語の出来具合が満点に近い状態だったとしても、グループ活動で先生の指示に従えなかったり、他のお友達と一緒に活動することができなかったりといったことがあると、評価としては低くなることもあるという説明でした。

それを聞いて、つい先日、下の子が両腕を振り回して「カンチョー!カンチョー!」といいながら上の子とお友達を追い掛け回して大騒ぎしていた姿を思い出してしまいました。このままだと入れてもらえないかも……。(^ ^;

副校長先生からは、アカデミーの目指すものとして、受験に有利であるとか、いわゆる「いい大学」に入れるというようなことはもちろん結果として出てくると思っているけれど、単にそれだけではなく、子どもたちが自分の人生を自分たちで主体的に選択していけるようになることが大事というお話がありました。

こういうところ、わたしはとてもいいと思っています。授業公開でも、2年生の子たちをみると、以前に比べると格段に落ち着いて、英語力もついたなあと本当に感心しました。また、大勢の観客がいても、気が散ることなく授業に集中しています。

これまでのところ、GKAの試みは順調のようだと改めて感じました。

|

« 足にマメが! | トップページ | 明日の朝宣はお休みです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぐんま国際アカデミー学校説明会:

» 英語脳を創る画期的な方法! [英脳プログラム 英語脳を創る画期的な方法!]
英語学習革命!英脳プログラムは最速で英語脳を創りあなたを英語人間に変身させる画期的な方法です!特徴はズバリ”すぐに効果があらわれる”という点です! [続きを読む]

受信: 2006年7月 3日 (月) 23時00分

» 既製の [なるほど!英語表現〜「趣味から始める英会話」火曜日版〜]
「(衣服が)既製の」 off the rack これは、私自身「フレンズ」を見ていなかったらいまだに知らなかったかも・・・という英語表現です。 [続きを読む]

受信: 2006年7月 6日 (木) 14時15分

« 足にマメが! | トップページ | 明日の朝宣はお休みです »