« 県議定数6減、50に 議会改革委が大筋合意 | トップページ | ソーシャル・アクション・スクール »

2006年1月27日 (金)

活き活き子育てに役立つ子どもの造形活動

今日は10時から、本町通りに新しくできた太田行政センターの集会室で、平成17年度の市民活動普及啓発事業の一環としておおたファミリーサポートセンターが実施する「活き活き子育てに役立つ連続講座」第4回「子どもの造形活動」がありました。

20060127101455

講師は田中真理子さん。毎週子どもたちに絵画などの造形を教える教室「アトリエ・パレット」を主宰しています。

20060127103200

大人はついつい、子どもの絵に口出しをしたくなってしまいますが、そういう場合でも絵を描いててみせるのは禁物。どんなふうだったかな?と細かく聞きながら、子ども自身がイメージを持ってかけるようにしないと、かえって子どもの発想を妨げてしまうことになります。

でも、まったく放りっぱなしにする、というわけでもなく、どんなところがよかったの?とか、聞いてあげることで子どもの力を引き出してあげられるそうです。

例示してくださった教室の子どもたちが描いた絵は、すばらしいもので、しかも「この絵を描いた子が何年後にはこういう絵を描いています」と時系列で見せていただいたため、子どもの成長が目に見えてわかりました。参加者からは感嘆のため息がもれるほどでした。

20060127110459

お話の後は、ガラスに描ける絵の具を使って実際に絵を描いてみました。

20060127112621

なかなかの力作ぞろいです!

20060127111826

小さいお子さん連れの参加者も多く、イベント保育も満員御礼です。この太田行政センターには、子育てサロンという部屋があり、そこを利用してのイベント保育でした。

|

« 県議定数6減、50に 議会改革委が大筋合意 | トップページ | ソーシャル・アクション・スクール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 活き活き子育てに役立つ子どもの造形活動:

« 県議定数6減、50に 議会改革委が大筋合意 | トップページ | ソーシャル・アクション・スクール »