« 石関たかし国政報告会 | トップページ | 太田市議会を傍聴に行ってきました。 »

2005年12月 6日 (火)

子どもを育てるなら群馬県推進会議

20051206194859 今日は午後から県庁で「子どもを育てるなら群馬県推進会議」があり、参加してきました。

この会議は平成14年5月に知事の肝いりで始まったもので、各種団体の推薦者・有識者等と公募委員5名の合計26名で構成されています。議会からも2名ほど関係委員会の委員長の方が出席することになっているようです。

団体推薦や議員の方たちは入れ替わりがあり、今回も5名の委員の方が初参加ということで紹介されました。

今回の議題は「ぐんま子育てヴィジョン2005」というのができたので、その紹介や内容に関する質疑、「ぐんまの子どものためのルールブック50」の推進について教育長からのお願い、そして意見交換でした。

ぐんま子育てヴィジョン2005というのは、次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画として設置された策定委員会が、県庁内のプロジェクトチームと連携しながら平成16年7月から平成17年3月まで全体会5回、部会6回の合計11回の会議を経て118ページにわたる冊子としてまとめたものです。

前回の推進会議の時にこういうものができます、と紹介され、今回の会議ではできあがりました、というご報告だったので、その冊子の中で「熱心に御討議いただきました」として委員名簿に名前が載っているのを見てなんとも居心地の悪い思いでした。

この「子どもを育てるなら群馬県推進会議」の委員公募には5名の枠に実に67名もの応募があり、県民の関心の高さが示されました。わたしも非常に期待して参加したのですが、実際は年に1回か2回会議があるくらいで、それも1時間半~2時間という短い時間で、実質的に会議開催の意味がどれほどあるのだろうと疑問を感じています。

また、会議の開催の報告や議事録の公開などもなく、県のホームページからも最近の推進会議について書いてあるページは発見できませんでした。

ヴィジョン策定委員会の方ではかなり熱心で実質的な議論が行われたということで、ヴィジョンの内容自体はすばらしいところが多々あると思うのですが、推進会議はその策定作業の期間中1回会議があっただけです。策定委員会には公募の委員もいなかったので、そのあたりもまだまだ公募委員は県の政策の実質的な部分を決めるところに入れてもらえるだけの信頼感がないのかな、と残念に感じました。

今回の会議では医師会の方から群馬県の小児医療、周産期医療が危機的状況にあること、中でも地域的な格差が大きく、特に東毛地域が非常に手薄になっていて、このままでは東毛地域の人は安心して子どもを産める場所がなくなってしまうという厳しい指摘がありました。

県の説明ではいま大学等に医師の派遣をお願いしに行っているところだとのことでした。

わたしからは、

1.「推進会議」やそのほかの様々な方法で県民の意見を取り入れているということだけれども、具体的にどういうものをどれくらい取り入れたのか、また、取り入れたものと取り入れてないものの基準をはっきり示してほしい

2.登下校の安全対策が問題となっているけれども、現在自宅で子どもを見られない場合しか利用できない学童保育を、誰でも利用できるようにして親が迎えにこられるようになるまで児童の居場所を確保したり、スクールバスを運行するなど、県として具体的な方法を考えているのか

3.私学助成の金額が私立幼稚園、高校等で他県と比較しても手厚い補助がありすばらしいことだが、アカデミーの場合だけかなり低くなっているようなので、もう少しバランスをとってほしい

という3点を述べました。

県からは

1.たくさん意見が出たものを具体的にどう生かしたか示すのは難しいがずいぶん取り入れていると思う

2.学童保育は現在256ヵ所整備されているが、これを5年間で307ヵ所と50ヵ所程度ふやしたい。同時に、現在小学校低学年が中心となっているが、これを高学年、場合によっては中学生なども利用できるようにしていきたい

3.アカデミーについては担当外なので、そちらに聞いてほしい

という回答でした。

また、小児救急医療の問題についてはその後も活発に意見が交わされ、本当に急を要する場合とそうでない場合の判断がつかない若い親も多く、そのあたりの相談の受け皿が必要ではないか、また、団塊の世代が定年を迎えるのでその力を生かすべきでは、などの意見がでました。

設置要項によると委員の任期が来年3月までのようなので、もしかしたらこれが最後の委員会だったのかもしれないのですが、発言したことが今後の群馬県の子育て支援施策に少しでも活かされればいいと願っています。

|

« 石関たかし国政報告会 | トップページ | 太田市議会を傍聴に行ってきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもを育てるなら群馬県推進会議:

« 石関たかし国政報告会 | トップページ | 太田市議会を傍聴に行ってきました。 »