« 太田市って、どんなまち? | トップページ | 子どもを育てるなら群馬県推進会議 »

2005年12月 5日 (月)

石関たかし国政報告会

051204-1

先日の衆議院議員総選挙で群馬2区から立候補し、比例復活当選した石関たかしさんの国政報告会に行ってきました。

石関さんとは大学の同期で、学生時代は面識がなかったのですが、群馬県の若手市町村議員の会というのがあってそこでお会いししました。同じ年ということもあり親近感があったので選挙のときも集会などに何度か伺いました。

当選後初の国政報告会であり、かの有名な小沢一郎さんがゲストにいらっしゃるというので、興味深々で参加したのですが、きっと同じように期待して参加した人が多かったのでしょう、会場はほとんど満杯でした。

前回の衆議院選で民主党公認で立候補した他の4人の候補者の人たちもみんな勢ぞろいしていて、仲がいいんだなあ、と印象的でした。

小沢さんからは、

「どんなに能力や素質のあるすばらしい候補者でも、当選しなければ政治家として皆さんの役に立つことができない。自分が政治家として長く意思を曲げずに来れたのも地元の人たちが選挙のときに自分が戻らなくても磐石の態勢で支えてくれたからだ。今の民主党の若手はそのための日常活動の重要性を必ずしも実感していないと思われるふしがあり、有権者のみなさんと一人一人お会いして直接言葉を交わすことの大切さを軽視しないよう伝えたい。」

という趣旨の話があり、それと同時に石関さんが将来を嘱望されている若手政治家の一人であること、石関さんの能力を発揮していくためにこれまで以上に地元の支えが重要であることを強調し、さすがツボを心得たお話だと深くうなずいてしまいました。

ちなみにこの国政報告会のメインイベントは石関さんと小沢さんと一緒に写真を撮ることで、わたしもしっかり写ってきました(^ ^;。

思わぬ再会などもあり、いろいろな意味で勉強になった有意義な会でした。

|

« 太田市って、どんなまち? | トップページ | 子どもを育てるなら群馬県推進会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石関たかし国政報告会:

« 太田市って、どんなまち? | トップページ | 子どもを育てるなら群馬県推進会議 »