« 初めての子育て支援体験事業 | トップページ | 群馬松嶺福祉短大で会議に出席。 »

2005年10月 2日 (日)

大谷幹線清掃ボランティア

今日は朝六時に起きて、育成会の大谷幹線清掃ボランティアに参加しました。大谷幹線はわたしの住んでいる矢田堀町の西端にある田んぼの中をまっすぐ走っている道路で、大きな用水路が平行して流れており、桜並木があります。遊歩道もついていて、休憩所もあり、ウォーキングには最高なのですが、その桜の植わっているところに生えている草むしりと、落ち葉拾いをしなければなりません。

六時におきても今日は子どもたちを見ていてくれる人がいなかったので、子連れで参加しなければならず、結局少し遅刻してしまいました。

「いつもはいている靴がない!」

にはじまって、やっと準備ができて出発して少し行ったところでカマを持ってくるのを忘れたことに気づき、Uターン。現地まで700か800メートルくらいかと思うのですが、早速下の子が

「足痛い、ママだっこ~!」

20051002073551 現地に着いたときにはすでに額に汗がにじんでいました。さっそく、草や落ち葉を入れる袋をもらって草刈開始。子どもたちも嬉々として手伝ってくれました。

最初に見たときはこれが本当にきれいになるの???と思うくらい草ぼうぼうだったところが、みんなでやるとあっという間にきれいになります。今日の参加者は矢田堀の隣組長と育成会と婦人会などなどだそうで、全部で30~40人くらいはいたと思います。

200510020804052005100208023120051002080215  参加者にはジュースも振舞われ 、子どもたちはご満悦です。結局、トラック一杯の草と落ち葉がかき集められました。ところで、この清掃ボランティアは、川の西側が担当区域だったということで、東側は手をつけていません。こちらは、用水路の管理をするところの人たちの担当になるそうです。くらべてみると、どれだけきれいになったか、一目瞭然ですね!

もちろん、帰るときには下の子は

「おんぶ!」

昨日運動会で、1等賞になったので、

「足が速いんだよね、ママと競争しようか!一等賞だったんだよね!」

と持ち上げつつ、なだめすかしてようやく半分くらいは自力で歩かせました(^ ^;。清掃が終了してうちに帰ったら、まだ朝の8時半でした。

|

« 初めての子育て支援体験事業 | トップページ | 群馬松嶺福祉短大で会議に出席。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大谷幹線清掃ボランティア:

« 初めての子育て支援体験事業 | トップページ | 群馬松嶺福祉短大で会議に出席。 »