« 雨降り | トップページ | ぐんま国際アカデミー 授業参観 »

2005年10月18日 (火)

小泉首相の靖国神社参拝について

昨日、小泉首相が総理大臣に就任してから5回目となる靖国神社の参拝を行いました。このことについて、中国、韓国をはじめとする近隣諸国からは反発の声が上がっています(関連記事)。

以前、ある人から「靖国神社の問題について、どう思いますか?」と聞かれたことがあります。その人が言うには、自分は「冬のソナタ」やヨン様をはじめとする韓国文化がとても好きなので、その大好きな人たちの気持ちを傷つけるようなことは、してほしくないんだそうです。

単純かもしれませんが、この問題のとても大切な点をついた意見だと思いました。

靖国の問題は、日本の内政問題だから、他国がどうこう言うのはおかしい、という意見もあります。でも日本はこれまでも外国と密接な関係を持ち、様々ないきさつをへて現在の国があるわけです。これからも近隣諸国と関わることなく存在していくことは不可能なのですから、相手の国の人たちの気持ちも考える必要があるのではないでしょうか?

とにかく参拝するんだ、ではなく、なぜ、参拝をしてほしくないのか、どういうやり方なら受け入れられるのか、参拝を望む国内の人と参拝してほしくない国内外の人の気持ちをよく聞いて、解決策を探す必要があると思います。また、周りの国の人たちに対して、この問題でいっさい聞く耳を持たない、という姿勢をつらぬくとすれば、関係悪化を防ぐために別の問題で譲歩しなければならない場合も出てきてしまうかもしれません。

最初から交渉の余地を狭めるような姿勢は、外交のあり方としてもマイナスなのではないかと思います。小泉さんにはもう少し、丁寧に話し合ったり、人の言うことに耳を傾ける姿勢を持ってほしいと感じます。

|

« 雨降り | トップページ | ぐんま国際アカデミー 授業参観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小泉首相の靖国神社参拝について:

» 日本の歴史政策・アメリカンタイプのグローバリズムへの挑戦 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
 米国のゼーリック米国務副長官は21日夜、ニューヨークで「中国はどこへ」と題して講演し、歴史認識問題が障害となって進展しない日中関係を打開するため、米国をふくめた3カ国の歴史学者による第2次世界大戦中の歴史共同研究をはじめるよう提案した。時宜を得た、よい提案だと思う。  靖国参拝を終えた小泉首相は、いままでのように臆することなく、正々堂々とこの提案を受けてたつことを推奨する。日韓ではじめた学者の会議ではなく、正式な外交交渉として、政府のなかにこれを担当する“歴史政策局”のようなものをつく...... [続きを読む]

受信: 2005年10月19日 (水) 10時59分

« 雨降り | トップページ | ぐんま国際アカデミー 授業参観 »