« 田んぼに水が入りました。 | トップページ | 堀田力さん講演会 »

2005年6月26日 (日)

生き生き長生き体操

20050626100913 今日は、おおたファミリーサポートセンター主催、太田市市民活動普及啓発事業に応募中の連続講座の一環として、「生き生き長生き体操」の講演と実技が、九合地区行政センターで行われました。

講師は市川整骨院院長の、市川千和気(ちわき)先生です。昨年も、「姿勢と健康・ストレッチ」というタイトルで、講演していただいたのですが、実技をぜひやってほしい、という要望が多く、今年は実技中心となりました。

生き生き長生き体操、というのは市川先生の提唱する血流を良くし、腰痛や肩の痛みなどを予防したり軽減したりする簡単な体操で、寝たまま、あるいは座ってできるのが特徴です。

20050626104025 写真は、ごろんと横になって体を伸ばす体操。普段からあちこちで講演している市川先生ですが、30代から60代くらいの今日の受講者の顔を見るなり、

「今日は若い人が多いので、話が少し長くても大丈夫かなと思っていい気分です。」

普段は、老人会などで、70~80代の方を相手に話すことが多いそうで、その年代になると、いかに無理をせず体を動かすか、ということが大切だとおっしゃっていました。

ちなみに、市川先生ご自身も、小学校の先生を定年退職後整骨院を始められたということで、現在70代後半です(^ ^;

その言葉どおり、生き生き長生き体操は、伸びをしたり、リラックスしたり、マッサージしたり体を軽く叩いたりといった、誰でもできる簡単な体操ですが、その簡単な動作がやってみるととっても気持ちよく、ここ数日のハードな生活で凝り固まった筋肉や血流が、どんどんほぐれていくような感じがしました(^_^)。

|

« 田んぼに水が入りました。 | トップページ | 堀田力さん講演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生き生き長生き体操:

« 田んぼに水が入りました。 | トップページ | 堀田力さん講演会 »