« ぐんま国際アカデミー 緊急事態 | トップページ | 八ッ場ダム計画の見直しを求める署名を集めています。 »

2005年6月 2日 (木)

おおたファミリーサポートセンター 総会

昨日は、NPO法人おおたファミリーサポートセンターの総会でした。設立から丸2年が経過。この総会では、2期目の決算と3期目の予算が承認されました。

法人設立のそもそものきっかけは、当時太田市にまだファミリーサポートセンターがなく、設置の要望をしても利用がどのくらい見込めるかわからないから、と当分設置する予定がなかったことです。待っていてもいつになるかわからないのだったら自分たちの手でスタートし、実績をあげて委託を受けようと1年の準備期間を経て2年前の4月1日に認証を受け、スタートしました。

ところが、正式に法人が設立されるのとほぼ同時に、太田市でもファミリーサポートセンターを設置することになり、その委託先として、設立後3年以上経過し、実績のある法人にということで、わたしたちのセンターではないところに委託が行ってしまいました。

そのときの残念な気持ちは、忘れることができませんが、それでも行政の委託を受けなくても、自分たちにできることをやっていきたいという気持ちは変わらないと、励ましあって今日まで活動を続けてきました。

第2期のファミリーサポート事業の利用は年間1600時間を超え、市立のファミリーサポートセンターにも決して引けをとらない実績をあげています。今年は設立後3年目、来年度はわたしたちも委託を受ける要件が満たされます。

同じ内容の仕事をしながら、片方は年間何百万円もの委託費をうけ、片方はまったく受けていないという不均等な条件の下で、ここまでがんばってこれたのは、ひとえに一人ひとりの会員の皆さんの熱い思いとボランティア精神のおかげだと、あらためて感慨深い想いでした。

第3期も引き続き、「子育てや介護を地域で支える新しいネットワークづくり」という設立の目的を達成するため、そして地域の力で家族(ファミリー)を支えて(サポート)いくために、貢献していきたいと思います。

|

« ぐんま国際アカデミー 緊急事態 | トップページ | 八ッ場ダム計画の見直しを求める署名を集めています。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おおたファミリーサポートセンター 総会:

« ぐんま国際アカデミー 緊急事態 | トップページ | 八ッ場ダム計画の見直しを求める署名を集めています。 »