« 堀田力さん講演会 | トップページ | 妹の本が出ました! »

2005年6月28日 (火)

自営業の大変さ

先日活動報告を配っていたとき、こんなことがありました。

その日は日曜日で、もうそろそろ暗くなるころ。周りのお宅はどこも明かりがついて、お夕飯のいい匂いがしているのですが、そこのうちだけは真っ暗で、離れの作業場でご家族二人でまだお仕事中でした。

窓をたたくと、奥さんがでてきて、活動報告を受け取ってくださったのですが、ため息をつくように、こういうのです。

「自営業は大変よねえ。お勤めの感覚でやればいいんだろうけど、納期があるから仕事があれば結局終わるまでやらなきゃいけないし。この仕事始めてからずいぶんたつけど、土日はないし、終わるのはいつも十二時すぎなのよ。そこまでやっても、一つミスがあれば売り物にならなくなっちゃうから、工賃は一枚何十円って世界なのに、売値で引かれるのよ。」

「えっ?売値で?」

わたしがびっくりして聞くと、

「そうよ、そういうものなのよ。Tシャツ一枚だって、売値が四千円って言えば四千円引かれちゃうのよ。昔この辺から出てた県議さんは面倒見のいい人だったけど、いまはなかなか、話できるような人がいないわねえ、こういう、自営業の大変さなんかをわかってくれる人にでてもらいたいわ」

そのしみじみした言葉に、本当にその通りだなと、いまさらながら議員という仕事にかせられた責任の重さを感じました。

政治活動もNPOも、ある意味自営業的なところがあります。土日もなく、ちょくちょく十二時すぎまで仕事するはめになるわたしには(^ ^;とても共感させられる話でした。

|

« 堀田力さん講演会 | トップページ | 妹の本が出ました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自営業の大変さ:

« 堀田力さん講演会 | トップページ | 妹の本が出ました! »