トップページ | 2005年5月 »

2005年4月30日 (土)

障害者自立支援法の勉強会に行ってきました。

精神障害者をかかえる家族の会主催の、障害者自立支援法に関する勉強会に行ってきました。

障害者自立支援法は、この3月に国会に提出されたばかりの新しい法案です。講師の先生は、太田市内の病院につとめるお医者さんで、この法案が提出されることになった経緯や、内容について説明してくれました。

これは、平成15年に支援費制度というのができてから、障害者の方の福祉サービスの利用が増加し、制度が財政的に破綻状態となってしまったことから、対策のため急いで作られた法案だそうです。

この制度の大雑把な内容は、いままで身体障害、知的障害、精神障害と3分野に分かれていた障害者の福祉制度を統合し、介護保険のように、障害の程度に応じてサービスの利用ができるようにする制度で、介護保険と同様、利用者の一部負担がありますが、経済状態に応じて減免もあるそうです。

参加者の方はほとんどが家族会の方のようで、新しい制度の中身に対する関心は高く、1時間の講演の間、熱心にメモを取りながら聞いている方ばかりでした。説明が終わり、質疑にうつってからもいくつもの質問が出ました。

その質問の内容からは、参加者の方がこの制度について、財政状況が厳しくなってきているために、利用が抑制されるのではないか、特に精神障害の場合は症状に波があるため、審査の際に実際の程度よりも軽く判定がされてしまうのではないか、など多くの不安を持っておられることが伺えました。

無駄な公共事業に何百億、何千億というお金がつぎ込まれている一方で、こういった、人が生きるために本当に必要な環境を整えることの予算が削られていくのは、お金の使い方の優先順序が違うのではないか、また、障害を持っている人たちが生きやすい街を作ることは、障害を抱える人たちやその家族だけではなく、すべての人が生きやすい街を作ることにつながる大切な投資であり、そこに過剰な受益者負担の概念をもちこむべきではないのではないか、と感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログはじめました!

本日より、ブログ開設です!

日々の活動や、生活の中で感じたこと、少しずつ書きつらねて行きたいと思います。そして、共感していただける皆さんと、くもの糸のように細くてもつながりながら、新しい政治を実現していきたいと思います。

政治を変えるのは、一人一人の市民の力以外にないと信じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年5月 »